1 Vuzuru

Make Fatal Error In Reader Badly Formed Macro Assignment Of Lease

I'm a recent college graduate with a BA who has signed up with four (yes, four) agencies, and I have yet to earn a cent from working for any of them. In the past, temp agencies were always a go-to option for me when I needed fast money. Agency #1 I actually worked for several years ago, before I went back to school. Apparently they've lowered their standards because back then, I had to take a basic-skills test that evaluated my proficiency in reading, spelling, vocabulary, and basic math. This agency did not test me this time around, and I don't think it's because they already did so years ago when I first came to them. It's obvious to me that they no longer administer this test because they have to dumb down the hiring process down in order to accommodate the vast numbers of people coming to them off the welfare line who are barely literate. The agency wants those tax credits!!

Speaking of which, Agency #2 gave me the creeps when I went to their office to fill out an application. The applicants all looked as if they had crawled off the welfare line. If this agency should ever offer me a position, I will turn it down, regardless of how badly I need the money. I don't want to work with people like that.

I agree with a previous poster who said that if you're offered an assignment and you turn it down, you will never hear from the agency again. That happened to me with Agency #3. They needed someone fluent in Spanish, but I told them I wasn't quite there yet with my use of that language. Well, there went that opportunity.

Agency #4 has thus far remained silent.

What a crock!

Reply - Report abuse

はじめに_

フォトアルバムを作成するためのソフトウェアzphotoをSolaris 10にインストールするためのメモ

インストールすべきソフトウェア_

  • zphoto: Flashベースのフォトアルバムを作るツールによれば
    • ming 0.2a 以上
    • Imlib2 (ダウンロード) または ImageMagick

      Imlib2 1.1.0 と ImageMagick 5.5.7 で動作確認をしています。 Imlib2 の方が約10倍高速です。

    • popt 1.6.3以上
    • zip (zip ファイルを作る場合にのみ必要)

mingのインストール_

インストール記録_

あらかじめ次のものがインストールされている必要がある。

  • gcc
  • automake
  • autoconf
  • m4
  • flex
  • bison
  • cvs
  • libpng
  • libungif

2007年8月24日時点では、ダウンロードできる0.3.0、0.4.0betaはSolaris 10にインストールできなかった。cvsからソースコードを取ってきてインストールする。

MingCVSのページに書いてあるとおりにCVSを用いてソースコードをダウンロードする

% cvs -d:pserver:anonymous@ming.cvs.sourceforge.net:/cvsroot/ming login % cvs -z3 -d:pserver:anonymous@ming.cvs.sourceforge.net:/cvsroot/ming co

パスワードの入力が求められるが空行をで大丈夫。

次にconfigureファイルを作成する。

% cd ming % sh autogen.sh % ./configure |& tee config.log % gmake |& tee make.log

ここからは、言語ごとに操作が違う。今回はとりあえずC, C++用のライブラリとした。

% sudo gmake install

あとは、LD_LIBRARY_PATHにパスを通しておく。

試行錯誤の記録_

0.3.0は、普通にSolaris 10付属の/usr/sfw/gmakeでコンパイルしてもldでリンクができないというエラーがでる。ここのエラーと一緒。cl.pocari.org - Ming のインストール。

これは、Makefile.configで設定されているCFLAGSを変更することで回避できる。

CFLAGS = -g -O2

となっているので

CFLAGS = -g -O2 -Wall -fPIC

とする(-gフラグはいらないと思うが)

このエラーが回避できても、以下のエラーが出てしまう(GNU makeの最新版3.81を使ってもだめ)

〜前略〜 gmake[2]: Leaving directory `/home/gotoh/workspace/ming-0.3.0/src' (cd util && make) make: Fatal error in reader: Makefile, line 7: Badly formed macro assignment Current working directory /home/gotoh/workspace/ming-0.3.0/util gmake[1]: *** [utils] Error 1 gmake[1]: Leaving directory `/home/gotoh/workspace/ming-0.3.0' gmake: *** [all] Error 2

このあと、強引にgmake installをしようとしても/usr/sbin/installではダメで、coreutilsをインストールしてGNU installを使う必要がある。それでも、上のエラーでインストール失敗するけど。

上記のエラーはutil/Makefileの以下の行をコメントアウトすると回避できる。

#PAGER ?= less

次のエラーはこれ。このエラーは0.4.0betaを使うことで回避できる。

(cd util && make) make[2]: Entering directory `/home/gotoh/workspace/ming-0.3.0/util' gcc -g -O2 -fPIC -Wall -Wall -I. -I.. -I../src -L.. -lming -lz -lm -DNODECOMPILE action.o blocktypes.o decompile.o main.o parser.o read.o outputtxt.c -o listswf Undefined first referenced symbol in file vasprintf decompile.o ld: fatal: Symbol referencing errors. No output written to listswf collect2: ld returned 1 exit status *** Error code 1 make: Fatal error: Command failed for target `listswf' Current working directory /home/gotoh/workspace/ming-0.3.0/util gmake[1]: *** [utils] Error 1 gmake[1]: Leaving directory `/home/gotoh/workspace/ming-0.3.0' gmake: *** [all] Error 2

以下のようなエラーがでた場合は、zlib.hが二つ以上あるため。一つにすること。

/usr/local/include/zlib.h:84: error: redefinition of `struct z_stream_s' /usr/local/include/zlib.h:981: error: conflicting types for 'gzwrite' /usr/include/zlib.h:704: error: previous declaration of 'gzwrite' was here /usr/local/include/zlib.h:981: error: conflicting types for 'gzwrite' /usr/include/zlib.h:704: error: previous declaration of 'gzwrite' was here /usr/local/include/zlib.h:1189: error: redefinition of `struct internal_state

この後もやっぱりエラーででてmakeができないので断念。

Imlib2のインストール_

インストールするためには以下が必要とのこと。

freetypeはあらかじめ入れておいた記憶がないので、Solarisが標準装備しているのではないかと思う。

% gtar xvfz imlib2-1.4.0.tar.gz % cd imlib2-**** % ./configure |& tee config.log % gmake |& tee make.log % gmake check % sudo gmake install

poptのインストール_

先に

を入れておく必要がある。

% gtar xvfz popt-***.tar.gz % cd popt-*** % ./configure |& tee config.log % gmake |& tee make.log % gmake check % sudo gmake install

zphotoのインストール_

% gtar xvfz zphoto-***.tar.gz % cd zphoto-*** % ./configure |& tee config.log % gmake |& tee make.log % gmake check % sudo gmake install

使い方_

以下を読むこと。

以下、覚書。まず、基本設定ファイルを作成する。

% zphoto --dump-config > ~/.zphotorc

そして、それを編集する。

HTMLのファイルの形式を変える場合には /usr/local/share/zphoto/templates/default/en 以下にあるファイルを編集する。

画像ファイルがあるディレクトリがpictであり、作成したいディレクトリがsampleの場合は以下のようにコマンドをうつ

% zphoto -o sample --title 'Title' pict/*.jpg

各画像にキャプション(タイトル)をつけたい場合には以下の書式でファイルを作成する。

foo.jpg <TAB> caption for foo bar.jpg <TAB> caption for bar

そして、キャプションを読み込ませる。

% zphoto -o sample --title 'Title' --caption-file caption.txt pict/*.jpg

リンク_

Leave a Comment

(0 Comments)

Your email address will not be published. Required fields are marked *